回胴人間模様ベストセレクション
回胴人間模様ベストセレクション (JUGEMレビュー »)
アニマルかつみ, パチスロ必勝ガイド編集部
           
<< 今日の備忘録 | main | 今日の教えてみなさん >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012.02.15 Wednesday | - | - | - |
 重大発表


今日は重大な発表があります。

それは、今週中に日記を書くと言っていたのに日記が書き終わらなかった事です。

最近は短い日記しか書けておらず、久しぶりに少しだけ長めの日記を書こうと思ってはいたのですが、なかなか時間が取れず書ききる事が出来なかったからです。

しかし、約束は守らなければなりません。
なぜなら、男は守るものがあって初めて強くなれるからです。

とはいっても、書き終わってないものは書き終わってないわけで、何を言われたって無い袖はノースリーブです。

ただ、日記とは日々の事を記すものです。
そのためだとは思いますが、私には書きかけの日記がいくつかあります。

という事で、今日はその中から二つの日記の前半を書きますので、どちらの話の続きが読みたいか緊急アンケートを行います。

その結果で票が多い方の日記を近日中に書き上げます。
「両方」という回答は認めませんが、そんなのどうでも良いという人とは友達になれません。

という事でどうぞ。
※正式に書き上げる際に再度手直しは入ると思います。

【一話目 心の隙間お埋めします】

本能とでもいうのでしょうか。
人間というのは、隙間を埋めたがる修正があります。

解りやすい例として、みなさんテトリスというものをご存知でしょうか。
大多数の方が知っているとは思いますが、あれこそ正に人間の本能に訴えかけるゲームと言えるでしょう。

はっきり言ってやってる事は非常にシンプルで、ただただ隙間を埋めていくゲームです。
ゲームとして、どれほどのコクがあるかと言われれば甚だ疑問でしょう。
お姫様がさらわれるわけでも無いですし、世界の平和を守るわけでもありません。

ただ隙間を埋めるだけなのです。

そしてもう一つ特筆すべき点として、このゲームには説明がいらないという点があげられます。
例えばアフリカの奥地に行るウポポ族の方達にこのゲームをやらせた場合、多少の操作説明は必要でしょうけど、それ以外にほとんどの説明をしなくてもゲームを理解し、楽しむ事ができます。

最近のようはハイスペックマシーンのゲームでは、こうはいかないでしょう。

今日においてゲーム業界の発展というのはめまぐるしいものがあります。
あまりゲームをやらない方でもCM等で流れる画像の鮮明さに驚かれている事でしょう。
そしてボリューム感というのも大きくなってきています。

昔のゲームであれば、長くても一日を費やせばクリアーする事は容易にできました。
しかしながら、バックアップ機能ができてからはクリアーまでの時間がどんどん長くなり、クリアーまでに数百時間かかるものも増えてきています。

それに引き換え、テトリスというゲームはどうでしょう。
一つの面という事であれば、クリアーまで数分程度でしょう。
そして、次の面に進んだとしてもさほど代わり映えのあるものではありません。
穿った言い方をすると、クリアーそのものの定義すら良く解らない気がしています。

しかしながら、これだけ知名度があり誰もがやったことのあるゲームというのも珍しいものです。

そして、このテトリスというゲームは私にとって非常に思い深いゲームでもあります。

それは忘れもしない小学2年生の時のことでした。

【二話目 コーナー】

「ちゃんと片付けなさい!!」

小さい頃、みんなも良く言われた言葉では無いだろうか。

基本的な概念だが、片付けるという事はその場をキレイにするという事である。
もちろん絶対的な物質の容量は変わらないのだが、片付ける事でその場はキレイな場所へと変貌する。

汚い場所よりもキレイな場所を好むのは、人間の本能による部分が多くを占めるだろう。

しかしそれだけでは無い。
幼少教育の一貫として、片付ける事を覚えさせる事には他の理由もある。

では、片付ける、即ち整理整頓をするという行為にはどのような意味があるのだろう。
その理由は解りやすさを求めるためだと私は思う。
なぜなら、世の中というのは全て整理整頓された状態で形成されているからだ。

例えば、初めて行くスーパーに玉ねぎを買いに行ったとする。
みなさんはどのように玉ねぎを探すだろうか。

恐らく、入り口から一直線に玉ねぎへ向かおうとする人は少ないと思う。

数あるコーナーから、まず食品コーナーを探す。
そして、その中から青果物コーナーを探し、そこまで来てから玉ねぎを探すことになるだろう。

それは、スーパーの中の商品が整理整頓されていて、大きいコーナーから順に見ていく方が見つけやすいからだ。

もしスーパーの中の商品設置にルールが無かったとして、スリッパの隣に玉ねぎを置くような配置だったとしたら、商品に辿り着くための労力は計り知れない事だろう。

最初に述べた通り、これはスーパーに限った話では無く、世の中にあるほとんどのものが解りやすさを求めるために、整理整頓がされている。

そう、それは先日の事だった。



改めて読み返してみると、これといって惹きつける内容が無いですね。
本番の時はもうちょっとマシな内容にするつもりですが、とりあえず約束は守ったってことで。

| 2009.04.05 Sunday | - | comments(1) | - |
 スポンサーサイト
| 2012.02.15 Wednesday | - | - | - |
Comment
なっぱ
ウポポ族に一票です!